暮らす・働く

横須賀沖、猿島へドローンが商品配送 楽天と西友が運用開始

西友リビンよこすか店から、猿島へ商品配送を行うドローン(楽天ドローン サービス紹介動画より)

西友リビンよこすか店から、猿島へ商品配送を行うドローン(楽天ドローン サービス紹介動画より)

  •  
  •  

 楽天と西友は6月17日、横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から無人島・猿島を訪れる観光客向けに商品を届けるドローン配送サービスを、7月4日より約3カ月にわたって提供すると発表した。離島における商用配送サービスは、国内初の取り組み。

海を越えて無人島・猿島へ商品配送に向かうドローン

 東京湾唯一の自然島・猿島は、年間約20万人が来島。夏場にはバーベキューや海水浴、釣りなどを楽しむため多くの観光客が訪れる人気スポット。

[広告]

 「楽天ドローン」の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを使い、対岸に位置する「リヴィンよこすか店」で取り扱うバーベキュー食材や飲料・救急用品など約400品目の商品から注文し、決済は「楽天ペイ」で支払う。

 店舗から猿島までは約1.5キロ、飛行時間は約5分。専用のドローン着陸ボードへ配送する。アプリでドローンの位置や到着予定時刻も確認できる。重さは5キロまで、配送料は500円。

 配送サービスは、7月から9月までの木・金・土曜に提供。雨天や強風など悪天候時は、サービスを中止する。

 楽天常務の安藤公二さんは「お客様がご自身で注文した商品が、ドローンで空から配送されるという先進的なショッピング体験を提供します。今後もより多くの方にドローン配送の利便性を感じていただけるよう、イノベーションを加速します」という。

 両社は、横須賀市が推進する「スマートモビリティ・チャレンジ」に参画。将来的には、山間部などの買い物困難者や災害支援にも貢献していくことを目指すという。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?