見る・遊ぶ 暮らす・働く

三崎の港町でアートフェス「下町ワンダートリップ」 街の魅力を発信

三崎の港町で行う「下町ワンダートリップ」のビジュアル

三崎の港町で行う「下町ワンダートリップ」のビジュアル

  •  

 三浦半島の最南端、三崎港近くの下町商店街で3月3日~18日までの6日間、街中でアート展示や謎解きツアーなどを展開する「下町ワンダートリップ」が開催される。テーマは「謎に導かれて、町を巡り、アートに出会う不思議な旅」。

 来場者はマップを手にエリア内を回遊。看板建築、連結送水管など三崎にまつわる謎解きに挑戦しながら、下町各所に展示された現代アート作品を鑑賞できる。現代作家の有高唯之、三冨力也、石塚沙矢香、小林正樹、サガキケイタ、星田大輔さんらが出品。

[広告]

 同エリアでは、みさき青空クラフト市、うらりマルシェ春の感謝祭、メスカルバーで音楽ライブを行う「Concient en La Cuenta」なども行う。

 ディレクターの出口景介さんは「日常に埋もれてしまった三浦の風土や文化に触れられる小さな旅を作り出すアートプロジェクト」という。市民らで作る「三浦まちARTプロジェクト」の一環。

 3月3日・17日には、港町でにぎわいをみせたスナック文化を体験する「スナック旅人」(19時~23時)を実施。元スナック店舗を会場に、イラストレーターの森山優美さんを「ママさん」に迎え、昭和レトロなスナックを開放して社交の場を提供する。

 開催は10時~17時(土曜日曜に実施)。受付は三崎公園前の旧香山酒店。詳細は同フェイスブックページで確認できる。