学ぶ・知る

横須賀でクラウドソーシング・セミナー 新しい働き方をPR

京急汐入駅前の横須賀市産業交流プラザ(ベイスクエアよこすか一番館3F)

京急汐入駅前の横須賀市産業交流プラザ(ベイスクエアよこすか一番館3F)

  •  

 場所や時間に捉われない新しい働き方として注目される「クラウドソーシング」のスタートアップセミナーが3月16日、京急汐入駅前の横須賀市産業交流プラザ(横須賀市本町3-27)で開催される。日本能率協会総合研究所、業界最大手のクラウドワークスが共催。

 当日は、クラウドソーシングの仕組みや仕事の種類、受注の注意点、自己PR法、webライティングの基礎知識、横須賀市内でのグループ活動の紹介などを行う。

[広告]

 クラウドソーシングは、インターネットを通じて不特定多数の人に業務を発注し、受注者の募集を行い、仕事のマッチングを行う仕組み。自分のライフスタイルに合わせて仕事ができることから、子育て中の主婦や若い世代、定年退職者などの在宅ワークとして、市場規模が拡大している分野。

 同協会の佐野尚人さんは「三浦半島で100人前後のワーキンググループを育成していく予定。ひとりで始めるには不安な方、仕事の獲得方法がわからないなど、初心者の疑問にも率直に答えていきたい」と話す。

 鎌倉(3月21日)、藤沢(3月23日)、逗子(3月30日)の各会場でもセミナーを開催予定。詳細は同サイトで確認できる。

 開催は9時30分~13時30分。参加無料。定員各80人。専用サイトから応募できる。問い合わせは同協会(TEL 03-3432-1837 佐野さん)まで。