食べる

県立保健福祉大の女子大生ら、健康ランチ考案-横須賀リサーチパークで提供

県立保健福祉大学・食育サークル「シーラボ☆」の女子大生らが健康ランチを提供

県立保健福祉大学・食育サークル「シーラボ☆」の女子大生らが健康ランチを提供

  •  

 県立保健福祉大学(横須賀市平成町)の食育サークル「シーラボ☆」の女子大生らが3月5日より、YRP横須賀リサーチパーク(同市光の丘)内のカフェレストラン「ローズテリア2」で食育イベントを行い、サラリーマン向けの健康ランチを提供している。

蒸し鶏の野菜ロール・ねばねばサラダ付きの「鶏のヘルシーランチ」

 「10日で実感!食事の力」をコンセプトに、同大栄養学科の学生たちが考案した10種類のヘルシーメニューを日替わりランチで提供。メニューは、蒸し鶏の野菜ロール・ねばねばサラダ付きの「鶏のヘルシーランチ」{671キロカロリー・塩分3.8グラム)、「午後の仕事もがんばろうランチ」「懐かし給食ランチ」ほか。価格は570円。

[広告]

 YRPは情報通信分野の先端企業が集中する研究開発拠点で、約60社5,500人が勤務するエリア。「働き盛りの人たちに食への意識を高め、健康改善に役立ててもらえたら」(同サークル)と提案したもの。同地区を開発した京急電鉄との共同企画。

 同サークルメンバーは「栄養バランスがよく塩分控えめな健康メニューをそろえた。お腹いっぱいになるようボリューム感や味付けに工夫を凝らし、何度も試作を繰り返した」と話す。同サークルは県立大の学食ランチも提供しているという。

 管理栄養士を目指す同大3年の石川りくさんは「女子大生の多い学食とは違い、サラリーマン男性向けのメニューに苦労しました」といい、「研究職の皆さんを応援するヘルシーランチを味わって、仕事も頑張ってもらえたら」とほほ笑む。

 3月30日まで。ランチタイムは平日11時30分~14時。一般来場者も利用できる。同レストランでは、健康メニューレシピなどのパネル展示も行っている。

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?