学ぶ・知る

節電の夕べ、横須賀でキャンドルナイト-被災地への応援メッセージも

市内の小学生たちがガラス瓶に絵を描き、エコ・キャンドルに火をともした

市内の小学生たちがガラス瓶に絵を描き、エコ・キャンドルに火をともした

  •  
  •  

 横須賀中央の市役所前公園(横須賀市小川町9)で7月15日夜、節電の夏を工夫して楽しもうと「よこすかキャンドルナイト」が行われた。震災の影響で電力不足が懸念される中、電気を使わないイベントを企画。横須賀市地球温暖化対策地域協議会が主催した。

公園には、キャンドルを並べてハート型の輪もできた

 市内の小学生ら約50人がガラスの空き瓶を持ち寄って、瓶にメッセージ付きのイラストを描いたエコ・キャンドルを手作りした。会場には、ろうそくの火がともされた約500本のガラス瓶が並び、ハート型や渦巻きの形をした光の輪がいくつもできた。

[広告]

 ガラス瓶には東北の被災地への応援メッセージを書いたものもあり、会場には義援金の募金箱も置かれた。ろうそくの光の中に子どもたちの笑顔が浮かび上がり、訪れる人たちもやさしい光の輪を楽しんだ。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?