黒船ペリーにちなんで、地サイダー「横須賀ペリーサイダー」販売

黒船・ペリー提督のラベルが貼られた地サイダー「横須賀ペリーサイダー」

黒船・ペリー提督のラベルが貼られた地サイダー「横須賀ペリーサイダー」

  •  
  •  

 横須賀市観光協会(横須賀市小川町11)は3月28日、「黒船来航」「開国のまち」にちなんだ地サイダー「横須賀ペリーサイダー」の販売を始めた。340ミリリットル入りで1本150円。

 幕末の嘉永6(1853)年、米国・ペリー提督率いる黒船が浦賀に来航した際に飲料水の一部として「炭酸レモネード」(レモン風味の炭酸水)を積んでいたと伝えられる。同協会では「これが日本に炭酸飲料が伝わった最初という説が有力。ペリーも飲んでいたといわれる炭酸レモネードをイメージして作ったもの」という。

[広告]

 ペリーサイダーは、名水として知られる「走水湧水」を一部使用し、炭酸とレモン果汁を加えてすっきりとした味に仕上げた。

 同日開催された「日米親善スプリングフェスタ」に合わせて三笠公園・走水水源地でお披露目されたほか、YYポート横須賀・ヨコスカドブイタステーションでも販売する。製造元は川崎飲料。販売数量は1万8,000本。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?