食べる

横須賀の地魚を味わう「さかな祭り」 せり売り体験も

威勢のよい掛け声の「せり売り」は誰でも参加できる

威勢のよい掛け声の「せり売り」は誰でも参加できる

  •  
  •  

 横須賀魚市場(横須賀市平成町3)で10月6日、地元の海で獲れた魚介類や地産地消グルメを提供する「よこすかさかな祭り」が開催される。今年で18回目。

 当日は、威勢のよい掛け声とともに行う「せり売り」(11時~)が体験できるほか、大きなマグロを音楽に合わせて解体する「マグロの踊る解体ショー」(10時10分~)も披露。珍しい魚の目方当てクイズでは、正解者に切り身をプレゼントする。

[広告]

 魚のさばき方教室、手作りこんにゃく体験、炭火焼さんまのチャリティー販売も。子どもたちがプールに入って魚に触れる「タッチングプール」なども設ける。

 地産地消グルメコーナーでは市内飲食店14店が参加。イカスミソーセージ、よこすか猿麺(さるめん)、地魚フライカレー、サバサンドなど工夫を凝らした海の幸料理を提供する。

 開催時間は7時~12時。入場無料。京急横須賀中央駅前(ドコモショップ前)から会場までの無料シャトルバスも運行(10分間隔)。問い合わせは同実行委員会(TEL 046-825-4111)まで。