見る・遊ぶ

「ヨコスカはおれのナワバリ」 ワンピースが横須賀をジャック、無人島がルフィ島に コラボ企画が目白押し

「ヨコスカはおれのナワバリにする! ルフィ」と記されたフラッグが横須賀の街を占拠する

「ヨコスカはおれのナワバリにする! ルフィ」と記されたフラッグが横須賀の街を占拠する

  •  
  •  

 軍港の街・横須賀の本町どぶ板通りから中央駅周辺に現在、「ヨコスカはおれのナワバリにする! ルフィ」と記された数百枚の「ワンピース」アニメフラッグが乱立し、駅名看板もアニメ装飾に変わり、街を行き交う人たちを驚かせている。Googleマップ上でも、横須賀沖の無人島・猿島が「モンキー・D・ルフィ島」と改称されるなどワンピース一色となっている。

アニメのコスプレ「海軍将校″正義″コート」を羽織って、無人島に渡る上地克明市長

 7月8日より、「ワンピース」20周年・横須賀市・京急電鉄・船舶会社トライアングルとのコラボ企画が始まった。上地克明・横須賀市長は同日朝、アニメに登場する白いコスプレ衣装「海軍将校〝正義〟コート」を羽織って無人島に渡り、報道陣と一緒に同島を視察。

[広告]

 東京湾に浮かぶ唯一の自然島・猿島は、〝麦わらの一味〟が島を丸ごとジャックして「宴(うたげ)」を繰り広げる。等身大フィギュア12体が出現するほか、アニメの名場面をARで再現。バルトクラブ海賊団の一部を巨大模型として設置。スマホを活用したスタンプラリーも。オーシャンズキッチンでは、重さ1.5キロの特大骨付きバーベキュー肉なども用意する。

 横須賀中央・汐入エリアの11店舗では、アニメコンテンツとグルメのコラボメニューを提供。土曜・日曜には「サンジの3時のおやつ」メニューも。商店街11カ所を巡るスタンプラリーをクリアすると、抽選でワンピースオリジナル・スカジャン(11着)を進呈。市役所や公園などで壁面装飾やライトアップなども予定。

 京急電鉄は、「京急宴線(えんせん)真夏のONE PIECE列車」と題したキャンペーン列車を特別運行。京急バスもラッピング運行。同時に沿線7駅の駅名看板も、「生麦わらの一味駅」(生麦駅)、「Yアールフィ野比~駅」(YRP野比駅)など特別看板に変更。油壷マリンパーク、京急百貨店などでもイベントやグッズ販売。記念きっぷ、満喫きっぷなども用意している。

 「音楽・スポーツ・エンターテイメント都市」を目指す横須賀市が同企画を実現させた。上地市長は「大好きなワンピースと大好きな横須賀がコラボできて光栄。海軍基地や無人島もある横須賀はワンピースの世界観がオーバーラップする。コラボイベントで街が元気になれば」と熱を込める。

 京急電鉄・原田一之社長は「京急グループ全体で取り組み、この夏はエンジン全開で駆け抜ける」といい、「羽田空港線からのインバウンドも誘致。世界で人気のあるアニメキャラクターが横須賀に集結することにワクワクしている」と話す。

 期間は10月20日までの105日間。イベント詳細は同特設サイトに順次掲載される。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?