見る・遊ぶ

双胴型高速フェリー「ナッチャンWorld」、久里浜港に寄港 27日に一般公開

久里浜港に寄港した双胴型高速船「ナッチャンWorld」

久里浜港に寄港した双胴型高速船「ナッチャンWorld」

  •  

 世界最大級の双胴型高速フェリー「ナッチャンWorld」が5月25日、横須賀の久里浜港に寄港した。27日には船内を一般公開する。久里浜寄港は8年ぶり。

船体には、海の生物のイラストが描かれている

 同船は全長112メートル、船幅30メートル、総トン数は1万549トンで、旅客定員は500人。アルミ軽合金製の船体で、オーストラリアの造船所・インキャットで建造。ウォータージェット推進機4機を備え、航海速力は36ノット(約65キロ)以上という。

[広告]

 水の抵抗を小さくした双胴船で、船体には児童から募集した海の生物のイラストが描かれている。2008年に青森~函館間を結ぶフェリーとして就航したが、現在はイベントクルーズ船や災害時派遣船として活躍する。

 27日の一般公開は10時~15時。28日には出港する予定。