暮らす・働く

港町・横須賀の街歩きフリーペーパー「ミナトコ」創刊-発行元は船舶会社

港町・横須賀を紹介し、猿島などを特集したフリーペーパー「ミナトコ」

港町・横須賀を紹介し、猿島などを特集したフリーペーパー「ミナトコ」

  •  
  •  

 「YOKOSUKA軍港めぐり」「猿島航路」を運航するトライアングル(横須賀市小川町)は3月20日、港町・横須賀の魅力を伝えるフリーペーパー「ミナトコ」を創刊した。B4版8ページ、オールカラー。発行部数は10万部。

港町のディープスポットを紹介するフリーペーパー「ミナトコ」

 創刊号では、横須賀出身のフォトジャーナリスト・安田菜津紀さんを起用。安田さんがカメラを手に無人島・猿島を歩き、自然を撮影しながら猿島の思い出や写真への思いなどを語る。

[広告]

 「アメリカの夜、ニッポンのよふけ」と題した特集では、横須賀中央・汐入周辺のディープスポットを紹介。日本とアメリカのミックスカルチャーが楽しめる飲食店などをレポートする。中面には、新鋭イラストレーター・武政諒さんが描いた「ヨコスカトコトコMAP」を掲載。今月オープンした「よこすかポートマーケット」の全店舗紹介も。

 同社広報担当の藤野浩章さんは「エキゾチックな港町をゆっくりトコトコ歩いて周遊してもらいたいとの思いから『ミナトコ』と名付けた」といい、「今後もビジュアルにこだわった良質な情報を提供したい。訪れた人たちが横須賀ファンになってもらえたら」と話している。

 両航路を運航する三笠桟橋・汐入桟橋などで無料配布するほか、ポートマーケットでも配布する。次号は9月中旬に発行予定。問い合わせは同社(TEL 046-825-7144)まで。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?