食べる 暮らす・働く

三崎下町、漁船ランプで照らす「みうら夜市」開催-まぐろB級グルメも

昭和ロマンな下町情緒が残る「みうら夜市」

昭和ロマンな下町情緒が残る「みうら夜市」

  •  

 まぐろの港町・三崎下町商店街(三浦市三崎町)で8月13日・14日、大漁旗や漁船ランプで商店街を飾り、まぐろB級グルメ屋台などが並ぶ「みうら夜市」が開催される。今年で4回目。

「花火」の看板を掲げた昔ながらの駄菓子屋も

 港に面した三崎公園から三崎銀座通り、入船すずらん通り、日の出通りまでの全長約500メートルの露地に、大漁旗を並べ古い蔵などもライトアップ。昭和の下町情緒たっぷりの祭りを展開する。2009年夏に始まった同イベントは年々人気を呼び、昨年は2日間で約27,000人が集まった。

[広告]

 地元飲食店らが屋台を並べ、「かながわの名産100選」に選ばれた三崎まぐろ・三浦すいかのほか、三崎まぐろラーメン・トロちまき・まぐろバーガーなどのまぐろB級グルメも販売。すいか灯籠作り、光る泥団子作りなどの体験型イベントなども。

 地元女性や子どもたちによる「ソーラン三崎」、浴衣にステテコ姿で踊る「江戸芸かっぽれ」パレードなども披露する。

 開催時間は16時~21時。詳細は同サイトで確認できる。

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?