暮らす・働く

横須賀~新門司の新航路「東京九州フェリー」 7月1日に就航

東京九州フェリーの新型船舶、横須賀の花から名付けられた「はまゆう」

東京九州フェリーの新型船舶、横須賀の花から名付けられた「はまゆう」

  • 297

  •  

 東京九州フェリーは7月1日より、横須賀港(神奈川県)と新門司港(福岡県)を結ぶ新たな航路を新型船舶を活用して就航すると発表した。

船室写真、旅客運賃などを記載したリーフレット

 就航船舶は、横須賀市の花から名付けられた「はまゆう」と北九州市の花ひまわりから名付けられた「それいゆ」の2隻。航海速力28.3ノット(時速約52.4キロ)の高速性能を活かし、横須賀~新門司間を約21時間で運航する。

[広告]

 旅客定員は268人。全長222.5メートル、総トン数約15,400トン。車両積載台数は、トラック約154台、乗用車約30台。

 運賃は、基本運賃(ツーリストA旅客運賃)を12,000円とし、他の等級(ツーリストS・ステート・デラックス級)は基本運賃に室料を加算する制度(ルームチャージ制)を導入する。

 二輪自動車で乗船する場合は、基本運賃(12,000円)+バイク1台(750cc未満=12,000円)で合計24,000円。乗用車(5メートル未満)1台の場合は40,000円(車1台+運転手1人)。

 同航路は、阪九フェリー・新日本海フェリーを中心とするSHKライングループが新会社を設立して運営。近年のドライバー不足や環境問題を背景とした「モーダルシフト」(効率的な輸送機関への転換)の受け皿にする。「多様化する観光ニーズに対応して、九州圏と関東圏を結ぶ物流や観光の一翼を担います」(同社)としている。

 出港時間は、横須賀発23時45分~新門司着翌日21時。新門司発23時55分~横須賀着翌日20時45分。詳細は同サイトで確認できる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース