学ぶ・知る

黒船来航の街、浦賀中学校でサプライズ花火 コロナ禍の卒業生らにエール

夜空に上がった「サプライス花火」に歓声を上げる浦賀中学校の生徒たち

夜空に上がった「サプライス花火」に歓声を上げる浦賀中学校の生徒たち

  • 207

  •  

 黒船来航の街にある浦賀中学校(横須賀市浦賀3)で3月27日夜、コロナ禍の中で卒業した生徒や在校生たちを励ます「サプライズ花火」が打ち上がり、集まった約700人の生徒たちから歓声が上がった。同校PTAが企画・運営した。

ナイヤガラ花火を近くで見て、どよめく生徒たち

[広告]

 同吹奏楽部が演奏・録音したBGMに合わせて、大きな4号玉や連続花火のスターマイン、仕掛け花火のナイヤガラなど約100発の花火が約15分間、夜空を彩った。

 PTA会長の加藤雄治さんは「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、この1年間耐えてがんばった生徒たちや教職員のみなさんに、元気と勇気と感謝の気持ちを届けたかった」という。

 「浦中祭 花火プロジェクト」として、昨年中止になったイベント予算や使わなかったPTA会費などで経費をまかなった。地元の花火師・安部英次さん(湘南学院高校講師)らがボランティアで協力。卒業式直後の13日に打ち上げを予定していたが、天候不順のため順延したという。

 今月11日に同校を卒業した平野亜美さん(15歳)は、「この花火は今まで見た花火より、これから見るどんな花火とも違う、心に残る花火でした。卒業後の新生活もがんばっていきたい」と話した。

 友人と一緒に参加した浅野まりなさん(15歳)は、「きれいな花火で迫力があって、びっくりした。この1年は陸上部の部活練習もできず残念だったが、最後にいい思い出ができてよかった」と笑顔をみせた。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース