学ぶ・知る

横須賀美術館で「映画とジャズを愛した男 野口久光」展 グラフィック400点を展示

映画ポスター「大人は判ってくれない」(1960年  横須賀美術館提供)

映画ポスター「大人は判ってくれない」(1960年  横須賀美術館提供)

  •  
  •  

 横須賀美術館(横須賀市鴨居4)で2月9日より、「映画とジャズを愛した男 野口久光 シネマ・グラフィックス」展が開催され、映画ポスター・レコードジャケット・雑誌などの作品約400点を展示するほか、シーサイドジャズライブなども行う。

野口久光さんとジャズの巨匠 ルイ・アームストロング(1970年)

 野口久光さん(1909~1994)は、東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、映画配給会社・東和商事(のちの東宝東和)に入社し、ヨーロッパ映画の日本版ポスターを制作。独特のイラストやタイトルを映画に合わせて描く「描き文字」により、戦前戦後に1,000枚以上の作品を発表。映画・ジャズ・ミュージカルの評論家としても活躍し、ルイ・アームストロングやカウント・ベイシーなどジャズ黄金時代の巨匠たちと親交を深め、日米ジャズの橋渡し役としても貢献した。

[広告]

 関連イベントとして、2月19日にジャズトランペッター・渡辺貞夫さんのスペシャル対談(事前応募制)。3月10日には、「禁じられた遊び」「第三の男」など往年の名作映画について大林宣彦監督が語るドキュメンタリー「思い出は映画とともに」(2014年・上映時間48分)を上映。3月30日、同美術館・海の広場で野外ライブ「シーサイド ジャズコンサート」(無料)も開催する。

 展示は3月31日まで。2月17日は市制記念日にちなんで無料開放。観覧料は一般=900円、高校生・大学生・65歳以上=700円、中学生以下無料。詳細は同美術館サイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?