暮らす・働く

横須賀の海辺で「おんべ焼き」 無病息災祈る火柱

横須賀東海岸沿いの各地で、早朝に行われる伝統の火祭り「おんべ焼き」

横須賀東海岸沿いの各地で、早朝に行われる伝統の火祭り「おんべ焼き」

  •  
  •  

 正月の松飾りやお札など縁起ものを焼いて無病息災を祈る伝統行事「おんべ焼き」「どんど焼き」が1月13日、横須賀東海岸の野比・長沢・久里浜海岸などで行われる。

 浜辺には竹を組んだ高さ約10メートルのやぐらが立ち、日の出の頃に、竹のはぜる音とともに大きな火柱が立ち昇る。

[広告]

 門松やしめ縄、書き初めで書いた物など地元の人たちが持ち寄って焚き上げる。「おたき上げ」の火で餅を焼いて食べると、1年間風邪をひかないとの言い伝えもあり、書初めを燃やすと書道が上達するとも伝えられる。

 野比海岸では、志も(6時30分~)、中村(6時50分~)、野比東(7時~)の3カ所で行われる。長沢海岸の熊野神社(6時20分~)、長岡町(6時30分~)。久里浜では開国橋付近・ペリー公園前海岸(10時~)、岩戸(9時~)でも実施する。