三浦海岸で「ロックの学園」臨海学校-新人ロック歌手も育つ

「ロックの学園」に連続出場、念願の全国デビューを果たした新人ロック歌手の高橋優さん

「ロックの学園」に連続出場、念願の全国デビューを果たした新人ロック歌手の高橋優さん

  • 0

  •  

 夏本番を迎えた三浦海岸(三浦市)で7月20日、「ロックの学園・サマースクール」が開校した。「臨海学校」をコンセプトに、三浦海岸海水浴場内に「海の家」風の特設ライブハウスを設置して、42日間連続開催する。

高橋さんが担当する「購買部」の学園グッズ

 「開校式」には吉田英男・三浦市長、「教頭役」でクリエーティブ・ディレクターの箭内(やない)道彦さんが出席してテープカットを行ったほか、午後からFMラジオ公開収録、「the pillows」がスペシャルライブを行った。

[広告]

 当日夜のライブには、「ロックの学園で育てられた」という新人ロック歌手・高橋優さんが出演。高橋さんは2007年11月の同学園開設以来、3回連続で出場。今年3月の第2回では会場となった廃校に3日間泊り込み、「給食当番・購買部担当」をしながら朝・昼・夜と路上ライブを展開して注目を浴びた。7月8日には初アルバム「僕らの平成ロックンロール」をリリースして、念願の全国デビューを果たした。

 高橋さんは「若い世代にロックの魂を伝えたいという箭内さんに誘われて、同学園に通うようになった」と話す。秋田県出身で25歳の高橋さんは、大学進学を機に札幌で路上ライブを始め、1年半前に上京。今回は24日まで5日間連続で「白熱ライブ」を予定。「今日思ったことを今日歌う」(高橋さん)と真夏のステージに情熱を燃やす。

 「カリスマ校長」には前回に引き続き、ロック歌手の忌野清志郎さん(故人)が「出張中」として留任。加藤ひさしさん(ザ・コレクターズ)、増子直純さん(怒髪天)などの名物講師による「夏季講習」、 「Aqua Timez」「ORANGE RANGE」、伊藤由奈さんをゲストに招いた公開ラジオ番組、「DIAMOND☆YUKAI」などのスペシャルライブほか多彩なイベントを予定する。

 開催時間は10時~20時。8月30日まで。詳細はサイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加