暮らす・働く 学ぶ・知る

横須賀市が「新しい働き方セミナー」 クラウドソーシング普及目指す

自分のライフスタイルに合わせて仕事ができる「クラウドソーシング」

自分のライフスタイルに合わせて仕事ができる「クラウドソーシング」

  •  
  •  

 インターネットを活用して仕事の受発注ができるクラウドソーシング説明会「新しい働き方セミナー」が12月17日、ウェルシティ市民プラザ(横須賀市西逸見町1)5階で開催される。横須賀市は新たな雇用創出を目指してクラウドソーシングを推進、業界大手のランサーズ(東京都渋谷区)に事業委託する。

 当日は、クラウドソーシングの最新事例や仕事に取り組む方法などを紹介。ランサーズ社長の秋好陽介さんによる講演「在宅ワークを可能にするクラウドソーシング」ほか、パネルディスカッションも。パネラーは、「オズマガジン」編集長の古川誠さん、主婦ライターで「横須賀スキップ」編集者の及川佳寿美さん、市内在住のフリーランスデザイナー・小坂浩人さんら。参加者同士の交流会(軽食付)も予定。

[広告]

 クラウドソーシングは、インターネットを通じて不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行い、仕事のマッチングを行う仕組み。自分のライフスタイルに合わせて、好きな場所、好きな時間に仕事ができ、「新しい働き方」として注目を集めている。近年急速に市場規模が拡大している分野。

 開催は10時30分~12時30分。参加無料。定員80人。託児サービス(無料)も用意。来年2月には、初心者向けライター講座やデザイン講座なども予定。専用サイトから応募できる。問い合わせは横須賀市市街地振興課(TEL 046-822-8288)。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?