学ぶ・知る

越冬する希少動物たちの行動展示-京急油壺マリンパーク

ミズゴケの間に隠れて冬を過ごす横須賀産イモリ

ミズゴケの間に隠れて冬を過ごす横須賀産イモリ

  •  
  •  

 三浦半島産の希少動物が冬眠する姿などを紹介する生態展示が京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)で行われ、寒い冬を乗り越える動物たちの知恵や越冬方法などを公開している。

巣の中から顔を見せるホンシュウモモンガの親子

 同施設のビオトープ「かわうその森」では、落ち葉の下に隠れて眠るイモリ(横須賀産)、落ち葉の下や水底の泥の中で冬眠するニホンアカガエル(三浦市産)、水田の泥の中で眠るドジョウの生態などが観察できる。

[広告]

 繁殖期に備えて餌をたくさん食べて冬支度するフクロウ、冬になると餌の量が増えて毛がフサフサし日が暮れると巣から出て活動するホンシュウモノンガなど、低温期の動物たちの行動展示も。

 かわうその森では「冬のガイドツアー」(予約制、参加費500円)も実施。来年1月31日まで。開催時間は14時30分~15時。

 営業時間は、平日=9時30分~16時30分。土曜・日曜・祝日=9時~17時。入園料は大人1,700 円、小学生850円。問い合わせは同パーク(TEL 046-880-0152)まで。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?