3密を避けて新しい生活様式へ!

横須賀で空母型護衛艦「ひゅうが」初公開-艦内外に長蛇の列

ヘリを搭載する「ひゅうが」の飛行甲板にも長い行列ができた

ヘリを搭載する「ひゅうが」の飛行甲板にも長い行列ができた

  • 0

  •  

 海上自衛隊横須賀基地で4月11日、国内最大級のヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」が初めて一般公開され、8,250 人の来場者があった。正午前には同基地正門付近に数百メートルの長い行列ができ、乗艦まで約1時間待ちの状態になった。

 海自初の「空母型」護衛艦として話題を集める「ひゅうが」は、排水量13,950トン、全長197メートル、哨戒ヘリ11機が搭載可能で乗員340人。総工費は1,050億円。

[広告]

 同艦の大きさは、従来の大型イージス艦(7,700トン)に比べて約2倍。飛行甲板にはヘリ用大型エレベーター2基を設置し、格納庫には整備工場も併設する。「海外派遣や災害時派遣などの物資輸送や通信拠点の役割をもつ」(海自)という。アイ・エイチ・アイ・マリンユナイテッド横浜工場(横浜市磯子区)で建造され、3月18日に海自に引き渡し後、横須賀に配備された。

 艦内にはヘリや消防車なども展示され、自衛隊グッズも販売された。同基地広報担当官は「見学の問い合わせが多く、就役訓練前に一般公開となった。護衛艦1隻の公開にこれだけの来場者がくるのは初めて」と話す。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home