市民団体が「ガリバー組曲」CD発表-「観音崎上陸300年」をPR

「ガリバー観音崎上陸300年」を記念するオリジナルCD

「ガリバー観音崎上陸300年」を記念するオリジナルCD

  •  
  •  

 「ガリバー観音崎上陸300年」を記念して「チームガリバー・バロック音楽応援隊」は4月2日、オリジナル版「ガリバー組曲」CDを発表した。バロック時代の作曲家テレマンの同組曲を基にバイオリン演奏とナレーションによるコラボ作品。

 CD制作では、バイオリン演奏は「横浜バロック室内合奏団」の小笠原伸子さん、有馬希和子さん、ナレーションは「FMブルー湘南」パーソナリティーの鈴木初音さん、CDカバーデザインは染色家の前田よし永さんが、それぞれ担当した。

[広告]

 ジョナサン・スウィフトの「ガリバー旅行記」が出版されたのは1726年。その中でガリバーが訪れるのはほとんど空想の国だが、唯一実在の国・日本に上陸したのは「1709年5月」との記述がある。市民団体「よこすか未来塾」ガリバー担当の桐ヶ谷良之さんは「上陸地点のザモスキ(Xamoschi)は地理的記述から観音崎(Kannonsaki)との仮説を立て、ガリバーをテーマにまちおこしに取り組んでいる。今回アーティストの皆さんの応援をうけ、イベントを盛り上げていきたい」と意気込む。

 バイオリン奏者の小笠原さんは「テレマンの『ガリバー組曲』には300年前の物語の風景などが描写されている。今回ナレーションが入ることで表現豊かな作品が生まれた。わが街に上陸したガリバーを想像して、家庭や学校でも楽しんでもらえたら」と話す。

 価格は1,500円。同市内のCDショップで販売するほか、横須賀市内の小学校50校には無料頒布する。5月5日には長井海の手公園・ソレイユの丘(横須賀市長井4)で「ガリバー組曲CD発売記念コンサート&ガリバーDAY」も開催予定。開催時間は11時~16時。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?