食べる 暮らす・働く

横須賀、日米基地を一般公開-5,000発の開国花火大会も

海上自衛隊横須賀地方総監部では、護衛艦の公開も

海上自衛隊横須賀地方総監部では、護衛艦の公開も

  •  
  •  

 横須賀本港周辺で8月2日、米海軍基地や海上自衛隊基地など日米基地施設が同時開放され、艦船見学などさまざまなイベントが行われる。当日夜には、5,000発の花火を打ち上げる「開国花火大会」も開催される。

海上から5,000発の花火を打ち上げる「開国花火大会」

 米海軍横須賀基地では「フレンドシップデー」として、普段入ることができない基地施設を開放。艦船見学では、ミサイル駆逐艦「フィッツジェラルド」を公開。フードコートも開放され、名物のビッグサイズピザ、バーベキューなどアメリカン屋台も出店。日米カーショー、バンド演奏などステージイベントや各種ゲームも。

[広告]

 海上から5,000 発の花火を打ち上げる「開国花火大会」(19時15分~)も行われ、米海軍基地内から花火見物ができる。同基地イベントの開催時間は10時~21時(入場は19時まで)。三笠公園ゲートから入場できる。

 海自横須賀地方総監部の「サマーフェスタ」では、護衛艦「はたかぜ」「むらさめ」「いかづち」を一般公開。救難機による洋上救助訓練、高速機動艇体験乗船、潜水艦上甲板公開、手旗信号などのマリン教室も開催。第2術科学校オープンスクールも実施され、自衛艦エンジンに関する公開授業、野外訓練展示、水泳教室なども。開催は9時~16時。詳細はサイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?