暮らす・働く

武山山頂で年1回の御開帳-海の安全祈る「武山初不動」

「武山初不動」には縁日屋台も並び、笹に付いた「麩(ふ)菓子」が販売される。

「武山初不動」には縁日屋台も並び、笹に付いた「麩(ふ)菓子」が販売される。

  •  

 海の安全や無病息災を祈願して不動明王を年に1回だけ開帳する「武山初不動」が1月28日、武山山頂の龍塚山不動院持経寺(横須賀市武)で行われる。

山頂にあり、航海安全と無病息災を祈願する「武山不動」の本堂

 「武山のお不動さん」として親しまれる同寺。当日は参道に露店が数多く立ち並び、笹に付いた「麩(ふ)菓子」が販売される。笹は「釣りざお」、麩菓子は「魚」に見立てられており、初不動の名物。

[広告]

 武山不動は古くから漁業関係者に信仰され、航海安全の「浪切不動」ともいわれる。武山山頂が漁場を定め、港の方向を知る基準として欠かすことのできない山だったという。

 山頂展望台からは三浦半島の海が一望できる。参道は、南武・一騎塚・須軽谷・北下浦と四方にあり、登山口には「前不動」と呼ばれる不動明王像も立っている。

 開催は7時~。問い合わせは武山観光協会(TEL 046-856-3157)まで。

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?