見る・遊ぶ

横須賀美術館が「観音崎おたのしみマップ」作成-滞在型観光をPR

横須賀美術館のスタッフらが手作りした「観音崎おたのしみマップ」が好評

横須賀美術館のスタッフらが手作りした「観音崎おたのしみマップ」が好評

  •  
  •  

 横須賀美術館(横須賀市鴨居4、TEL 046-845-1211)は9月中旬、観音崎公園内に立地する同館周辺の自然スポットを紹介する「観音崎公園おたのしみマップ」を作成した。美術館スタッフらが手作りしたイラストマップが好評で、「横須賀美術館おたのしみマップ」「美術館まで歩いちゃおう!ウオーキングマップ」に続く第3弾。A3サイズで、2,500部発行。

イラストマップの第1弾は、館内施設を紹介する「横須賀美術館おたのしみマップ」

 同マップは、美術館を起点にして来館者に周辺散策してもらえるよう企画したもの。森のロッジ、アスレチック施設などを詳細に記載したほか、旧陸軍砲台をはじめとする戦争遺跡や穴場スポットも紹介する。親しみやすいイタストタッチで立体的に表現し、観音崎公園の全貌が把握できる散策マップ。同美術館、観音崎公園内で配布するほか、同館ホームページにも掲載している。

[広告]

 「環境全体が美術館」とのコンセプトで設計された同館は、市制100周年を記念して2007年4月に開設。神奈川建築コンクールの一般建築部門最優秀賞、第49回BCS賞(建築業協会賞)を受賞。NPO法人地域活性化支援センター(静岡県静岡市)により「恋人の聖地」にも選定されている。同館では、10月に「美術館ウエディング」も実施予定で、集客対策の新企画を打ち出している。

 同館運営課の佐藤正弘さんは「目の前に東京湾、背後には観音崎の森という自然環境に恵まれており、自然散策や歴史探訪ができるよう詳しく紹介した。アートと自然を気軽に楽しめる滞在型の美術館を目指している」と話す。

 開館時間は10時~19時。毎月第1月曜休館。入場無料、展覧会観覧料金は企画展示によって異なる。

  • はてなブックマークに追加

横須賀経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?